イチエの頭の中【青森八戸Uターン移住3年目】

好きな町で、好きな人と、楽しく生きるためのブログ。

どこにいても、心はいつも鮫。

f:id:ichiekko:20190105214725j:image

 

18時半の鮫を歩いた。

マエダでバスを降りて、家までの道を10分ほど。

まだ18時半なのに、真っ暗で、静か。

子どもの頃はスーパーが2つ、本屋が2つはあった。

小さい商店もたくさんあった。銭湯もあったなぁと思い出しながら暗い道を歩く。

 

鮫の静けさは好きだけど、やっぱりちょっと寂しい。

 

鮫をずっと守り続けてくれた大人たちがいる。

次は私たちの世代が鮫を守り繋いでいかないといけない。

 

「どこにいても、心はいつも鮫」

高校卒業とともに、鮫で育った同級生たちもみな、八戸を離れて散り散りになった。

その中の1人が卒業アルバムに書いてくれた言葉がこれだった。

 

あれから20年たっても、この言葉がいつも胸にある。

私の中では、「世界のどこにいても、心はいつも鮫」にちょっとバージョンアップしているけれど。

私が世界のあちこちにいけたのも、帰ってこれる場所があったから。

 

「いつでも帰ってきていいんだよ」と迎えられる故郷を、未来に残したい。