イチエの頭の中@八戸暮らし

好きな町で好きな人と楽しく生きるためのブログ。現在地は青森八戸。五戸で古民家借りたのでその話も書いていきます。

【女の人生】自分にはないものではなく、自分に「今あるもの」に目を向けよう

 f:id:ichiekko:20210325114408j:plain

 

先日、高尾美穂さんという産婦人科医さんを知りました。

とても穏やかで、真摯にお話してくれるお医者さんです。

テレビで見て、standFMで毎日配信してるというので、

昨日、五戸に向かう際中に流しながら運転していきました。

いくつか聞く中で、ボロボロ泣いてしまったものがあります。

 

結婚せず、子どもも産まず、

仕事を一生懸命頑張ってきて、

成果も出てるしチームも任されていて充実しているけど、

ふと虚無感を感じてしまうというような、

40歳の独身女性のお話へのコメントでした。

 

人間は「できなかったこと、あてはまっていないこと」を

過大評価してしまう。

妊娠出産の経験がないことを、

自分でマイノリティと思えばマイノリティ。

引け目に感じることなんかひとつもない。

今、仕事もして、評価もされて、楽しく生きているあなた、

これまでありがたい変化があったことに目を向けてください。

わたしたちはないものねだりをしてしまう。

それよりも、これまでの人生で持てたもの

出会えた人、身に着けたことに対して

ありがたいという気持ちを持つことを大事にしてください。

というような内容でした。

 

これを聞きながら運転しててマスクがびちょ濡れになりました。

(アポ前だったからちょっと焦った)

 

毎日の暮らしは

仕事もプライベートもすごく楽しく過ごせていて

幸せだなぁと思っているけれど、

それでも子どもがいないことについては、

やっぱりどっかで気にしていたりもして。

(もともとは子どもが欲しいタイプでしたので)

 

妊娠出産のリミットが迫る中、

うやむやにしてたことに真正面から切り込まれた感じがして、 

運転しながら涙が止まらなくなった。

 

子育てしてる友達と話すと

うらやましいと思う気持ちがないわけではない。

それでもわたしは、子どものいない人生を選んだ。

これが正解だったのかどうかなんてわからないけど、

これまで積み上げてきたものを大事にして

それをこれからもやっていくだけ。

 

人生に正解なんてない。

いろんな人生があっていい。

 

気になる方は

standFMで「高尾美穂のリアルボイス」を実際に聞いてみてください。

#542 自分にはないことに目をむけるか、自分が持つことに目を向けるか