イチエの頭の中

好きな町で好きな人と楽しく生きるためのブログ。現在地は青森八戸。

エッセイ

デジカメがなかった頃の話。

先日実家で写真の整理をしていたら、高校~大学の頃の写真がたくさん出てきました。 15~20年前なので、まだデジカメじゃなく、写るんですやフィルムが主流の時代。当時から写真を撮るのが好きで、キティちゃんのフィルムカメラをいつも持ち歩いていました。…

本日、開花。

八戸の桜も開花しました。今日はとても暖かかったから、一気に進んだみたい。 北国に住んでいると、南国の桜開花やお花見の様子をニュースで見ながら、八戸はいつ頃咲くのかなぁと、開花を待ちわびるワクワクを味わえる。実際咲くのは今頃なので、なんだかな…

僕は運動ができない。

私は本当に運動ができない。走らせれば遅いし、縄跳びもすぐ引っかかるし、跳び箱は跳べない。バレーのサーブは入らないし、バスケはシュートしてもゴールに届かない。テニスやバドミントンは、打ち返そうと思ってもラケットが空を切って終わる。唯一水泳だ…

こたつよ、さらば。

とにかく掃除が苦手だ。 「自分が困らなければそれでいいや」と言い訳をして、あまりこまめに掃除をせずにやり過ごしている(だから突然家に人を入れるのは不可能である)。もちろんきれいな部屋のほうが好きだ。思わず部屋で深呼吸をしたくなるような気持ちよ…

みそ汁にすりごま。

もう何年も思い出していなかった。なんで急に蘇ったのかも、わからない。つらいことでも悲しいことでもない。逆に極端に楽しかったことでもない。かつての毎日の習慣を、春キャベツのみそ汁をお椀に注ぎながら強烈に思い出し、気づいたらすりごまをみそ汁に…

春と桜と入学式

桜とともに、入学式を迎えたことはない。八戸の桜は4月下旬に開花するから。 桜はなくても、お天気はよく、すがすがしい春を迎えている。毎年、入学式の頃に最後の雪が降ったりするのだけれど、今年はもう降らなそうだ。 今年もSNSのタイムラインには、たく…

たまに現れる「都会のキラキラに触れたい」欲求

年に数回、「あー都会に行きたいっっっ!!!」て思うことがあります。 夜9時になると真っ暗になり、夜10時には信号が点滅する地元(八戸のはじっこ)に比べて、キラキラしてて、華やかで、ワクワクする。そんなものが都会には詰まってる。 都会にも住んで…

お気に入りが増える。それだけで、町が好きになる。

休日でも、仕事帰りでも、ふらりと行きたくなるような、お気に入りの場所が増えるたびに、じわりじわりと町が好きになっていく。 町が好きになると、誰かに教えたくなる。「わたしはこんなに楽しい町に住んでるんだよ」って連れていきたくなる。 最近はandboo…

【女の人生】アラフォー突入だけどこれからもマイペースに生きていきます。

2018.12.26きもちよさそ。 2018年12月25日に37歳になりました。 たくさんのお祝いありがとうございました。 年々、誕生日だからといってワクワクしたりソワソワしたりすることもなくなり、今年は自分至上最大に淡々と迎えた誕生日でした。いいのか悪いのか(…

【女の人生】世界一周離婚を回避するために気をつけるべき5つのこと

世界一周して離婚した話を書きます。 わたしの人生を語る上で、間違いなく大きな出来事のひとつが「世界一周を経験した」ということ。旅の期間は2010年7月~2011年3月まで(一時帰国も含む)なので、もう8年前になります。 この話をすると必ず聞かれるのが「…

【はたらく】毎日の延長線上にしか未来はない。今の習慣をちょっとだけ、変えよう。

「とりあえずやってみよう」としか思ってないから、自分はなにも続かないのかもしれないと思って、とりあえずの意味を調べてみたら、「十分な対処は後にして暫定的に対応する様、将来のことは考慮せず現在の状態だけを問題とする様」って書いてあった。— イチ…

【女の人生】夫婦は、お互いを思いやる心を忘れちゃいけない。

今朝テレビで妻のDV特集をしてた。 妻が夫に暴力(精神的なものも含めて)をふるってしまう原因は、先に妻に精神的苦痛を与えて、「全然私のことを見てくれてない」って思わせてしまう夫に原因があるっていう言い方を時折してたのが気になった。

【女の人生】「第2の人生」は、男も女も平等にある。

https://dot.asahi.com/wa/2018041300006.html?page=1 こーいうネタを話すときって、女性が主語のが多かった気がする。でも、妻が我慢してるなら夫も何かしら我慢してるってことだもんね。 寿命も長くなる一方だし、「第2の人生を謳歌したい」と思う人が増え…

【女の人生】結婚とは夢見るものではなく、覚悟を決めること。

春がくれば、離婚成立4周年。 ほんとうに離婚してよかったと思う。 離婚する前とかした後とかは超不安定で、友達とか同僚とか、たくさんの人に迷惑も掛けたけど、今はちゃんと自分の人生を生きれている感じがする。 彼に対しては今は特になんの感情もないけ…

【女の人生】古いブログを思い出して読んでみたら、もう死にたいくらい恥ずかしいw

今はこのブログだけですが、これまでいくつかブログをやっていました。 ひとつめは、世界一周中にやっていたもの。 ふたつめは、帰国後に自分で始めたもの。 みっつめは、だれにも教えずにひっそり書いてた、やり場のない気持ちを吐露するためだけのもの。 …

【移住】自分の人生の基盤をどこにおくか?どこにいても、自分の人生を歩めればそれでいい。

お友達の協力隊員さんがシェアしてくれてたこちらの記事。 seyca.blog.jp わたしがこの間インスタでつぶやきながら考えてたことと、近い部分があったなー。 2017.5.22地元うんぬんではなく、自分がコミットしたい場所かどうか、なんだと思う。外に出たことが…

【女の人生】乙女心とキャリアの関係について。

大学生と接する中で、進路を決めるときに出てくるあるあるなんですけど、「彼氏と離れたくない」問題。 わかりますわかります。 これまでずっと一緒にいたのに、離れるなんてできないよね。 だって彼氏のこと大好きだもんね。大事なひとだもんね。 でもね、…

思い出は捨てなくていい。それがあるから、いまのわたしがいるのだから。

もう一緒に時間を過ごすことは二度とないけど、一緒に過ごした時間そのものに噓偽りなんてひとつもない。 一緒に見た景色も、過ごした時間も、全部本物だから。 わたしは、その思い出を捨てる気はない。捨ててしまったら、わたしの10年間を自分で全否定する…

「がんばらなきゃ」という暗示。

がんばらなきゃと思うんだけど、 がんばらなきゃと思えば思うほど、 自分で自分を追い詰めてしまう。 「がんばらなきゃ」という言葉は、苦しい。 ひとのためにとか、会社のためにとか、 「誰かのために」って、思いながら働くのは もちろん大事なことだけど…